京の恩返しぞうさんのふるさとラオスに学校を贈ろう​

2015年。ラオスと日本は国交樹立60周年をむかえ

それを記念にラオス人民民主共和国から京都市動物園に、

4頭のアジア象が寄贈されました。

お返しに、京都の子供達や学生達が中心となり、力をあわせて、

ラオスの友達のために学校を建設しよう!

という活動が始まりました。

​それが『京の恩返しプロジェクト』です。

ぞうさんを通じてアジアの子供たちに思いをはせ、

学べることの意味を考え、友好を深めるきっかけになればと​活動を行いました。

京の恩返しプロジェクトは『認定NPO法人アジア教育友好協会(AEFA)』が実施し、

学生サポートは『NPO法人国際学校建設支援協会』が実施。

​参加学生団体として『学生協力団体SIVIO』『学生団体I-RIS』の2団体が参加しました。

​京の恩返しプロジェクト

​2015年3月:SIVIOメンバー6人が初の南部視察
2015年9月:第二回南部​スタディーツアーを行う
​2015年12月:スクマー村幼稚園増設の様子をAEFAさんが視察
2016年3月:第三回南部スタディーツアーにて
      スクマー幼稚園開園式にSIVIOメンバーが参加

​主催:

​学生サポート:

​協力:

・総理夫人 安部昭恵氏      ​

・衆議院議員 遠藤利明氏​

・元文部科学相 国際局長 村田秀樹氏​

・元京都市長 門川大作氏

@2023 by Charlotte McCoy. Proudly created with wix.com

  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon